読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、ゴミ小説まで、発掘して批評します。あ、恋愛小説は読まないんでw

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

異世界転生 普通 連載中 女主人公

登場種族  :人族

勇者魔王  :多分居ない

奴隷    :貴族からの一方的な契約により、奴隷となる。

作者    :香月 美夜

評価    :C

 Nコード     :N4830BU

司書資格を取った22歳女性で、3度のご飯より本が好き。

そんな彼女の異世界転生。

』が高価で貴族しか持てない世界で、紙を作りインクを作り

本を作り、異世界で『司書』を目指す、お話。

 

今までと全く毛色の違う小説。

冒険譚ではないので、レベルステータススキルがありません。

前世もちなので知識チートはあるんですが、心理学、宗教、歴史、地理、教育学、民俗学、数学、物理、地学、化学、生物学、芸術、体育、言語、物語、ラノベ、絵本、漫画を読み漁ってた割に、基本的なことしか覚えてません。本を作る知識(植物紙、インク)やお菓子のレシピくらいしか出てきません。

心理学を読んでた割に、簡単に騙されたり。

教育学を読んでた割に、神殿の巫女見習いになった時、態度の悪い側仕えの事、なにもせずに放置したり。

その後、もの凄く色々あって、領主の養女になり

領主の要請により神殿長になるわけですが、部下である神官長が

有能で万能なのですが、自信家で傲慢な性格をしているので、

読んでてイライラしてきます。そして、この神官長はロリコンのようで、

年齢差20歳くらいある主人公にいつも付きまといます。まるで金魚のフン状態です。

ちなみに、このお話の舞台となる街ですが、

領主を頂点に神殿長→神官長→青色神官→騎士団までは貴族。

商会→兵士=灰色神官→平民→貧民となっている。

この世界の貴族は魔力を持っていて、魔法によって平民を支配している。

平民は基本魔力を持ってないが、たまに魔力持ちも現れる、その場合運が良ければ、主人公のように神殿で庇護されるが、それ以外は、貴族の奴隷となる(魔力の電池として)

そしてこの物語の貴族の99%が傲慢で平民をゴミだと見下している。

ここで、作中でも語られている、貴族の行いを紹介しよう。

魔力を持った貴族だが、当然家を継げない次男や女性は、神殿に来て青色神官(貴族男)、青色巫女(貴族女)となる。

神殿や教会に付き物の孤児院、ここに入る孤児のほとんどが、貴族と平民のハーフである。孤児院に入れられると、男は、灰色神官見習い(平民)、女は灰色巫女見習い(平民)となる。

神殿長、神官長、青色神官は、孤児院から『側使え』と称して灰色神官(巫女)を付ける事ができる(見習いが取れるのは成人の15歳から)

青色神官達は、ほぼ100%傲慢で平民を見下してるので花捧げの儀式と称して見目美しい灰色巫女を強引に攫い、レイプして妊娠したら、灰色巫女を孤児院に捨てるのでハーフが生まれる。

 198/667 読み中

 

    ↓ コミカライズ ↓

 

sinoobi.com