web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。でも、本気の批評はしませんよ。評価で察してくださいw

女神に誘われ異世界へ

登場種族   :人族、獣人、ドワーフ、エルフ、魔人(邪神の眷属)

勇者魔王   :いない

奴隷     :いる

作者     :sugi

評価     :E

 

元日本の神(女神)が残した神域(洞窟)に迷い込んだ天野忍(あまの しのぶ)は、洞窟が崩れて出れなくなり、死を待つばかりだった時に、元持ち主の神(女神)が現れて、異世界の神になった世界へ誘われて『転移』するお話。

現状、4,974,869文字という長編で読み応えはありますが、

なんというか、チートしかないお話でツマンネ

主人公の努力『1%』、女神の加護『99%』という。加護の内訳は、無限の魔力+武器、防具、魔道具のすべてが神具(神器)そして、ドラゴンを使っての移動(飛行)、定番の転移系があるので、物語の時間が中々進まん。

もんのすごく濃い内容なのに、物語の時間的にはたった半日とかね。

制限無しの『転移』と『飛行』は、物語を最高にダメにする。と思うよ。

 

ncode.syosetu.com