web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。でも、本気の批評はしませんよ。評価で察してくださいw

希望のクライノート ~魔法戦士は異世界限定ガチャを回す~

登場種族   :人族

勇者     :未確認

魔王     :未確認

奴隷     :未確認

作者     :オスカる

評価     :F

 

90%チートで成り立ってる小説

そして、異世界でやりたい放題無双出来ると、ほくそ笑む主人公の性格の変わりようが正にキングオブクズ。

「俺は、売られた喧嘩は買う主義なんだ」

傲慢で尊大で横柄で、常に相手を見下してる。

作中では、おかしな場面もある。

『ガチャ9 冒険者ギルドの受付嬢と』

「俺は貴族じゃない……と思う。記憶喪失でな、思い出せるのは名前くらいだ」

「戦闘に関するスキルや魔法は他人に知られたくないんだが…」
「名前、年齢、レベル、冒険者ランク、賞罰は必ず表示されるけれど、他の項目は伏せておけるようになっているわ」

「そうか、安心したよ。魔力紋の登録を頼む」

あれあれ~?名前しか覚えてないんじゃないの?

それと、書籍のイラストの主人公、銀髪の爽やかな青年風に書かれてるけど、まったくもって合ってない!厭らしく黒い笑みを浮かべた顔こそ似合ってる。