web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。たまに、記事に『追記』します。検索にて『追記有』をしてみてください。

魔法幻想紀 - 迷宮都市の賢者と魔術師 -

登場種族   :人族、魔族、獣人、ハーフエルフ

勇者     :いない

魔王     :いない

奴隷     :有

作者     :花京院 光

評価     :C+

Ncode    :N8918DR

 

冒険者向けの道具屋で働く、十五歳のエミリア・ローゼンベルガー。

ある日、私の元に一通の手紙が届いた。差出人は魔法学校の学長だった。
内容は「魔術師になりませんか?」というシンプルなものだった。

入学するための準備をしていた時、一冊の本を手に入れた。
本の中には古の賢者の魂が宿っていた。賢者から魔法を教わりモンスター討伐や迷宮攻略などして魔術師としての『レベル』を上げて、呪いにかかった両親を助けるのを目標に頑張って成り上がる物語。

全65話、227,601文字は、ちょっと少なかったかな。

十五歳で入学して十六歳くらいまでで物語の98%くらい消費して(64話)そこからエンディングまでの9年間、二十五歳までほんの少ししか(文字数にして100文字くらい)描かれてなくて、かな~~り不完全燃焼かな。

@10話くらい欲しかったな~

 

ncode.syosetu.com

sinoobi.com