web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。たまに、記事に『追記』します。検索にて『追記有』をしてみてください。

転生者はめぐりあう

登場種族   :人族

勇者魔王   :いない

奴隷     :有

チート        :沢山(知識チートが多い)

作者     :タカ

評価     :C-

Ncode               :N1916DO

書き直しの為、強制完結されたショタ系。

転生した主人公『ジルベール・クロスロード』は、伯爵家の長男として生まれた。だけど最初から父親はいないし(転生の為、始めから自我がある)家のしきたりかなんかで祖母が母親になり、実の母親が姉になった。

物語の中で、誰がこの伯爵家の当主なのか語られてないが、この転生した『ジルベール』は知識チートや女神の加護(大)でどんな魔法でも使える為、領地で色んな産業興し、雇用を生み出して領地を潤わせた結果、勘違いしちゃったのか調子に乗ったのか、自分が領主だと思うようになり所々で『我が領地』と連呼するようになった。

転生前は、大学の講師をしていた割に、オバカさんである。

思うに、貴族家当主になるには、国の長たる者、国王や皇帝から褒美として叙勲されるか、上級貴族(公爵、侯爵、伯爵)が下級貴族位(子爵、男爵、騎士爵)を持ってる時に限り、『寄子』に爵位を与えたり、親の跡継ぎとして爵位世襲する時には、国王または皇帝に謁見して跡継ぎとして認めてもらわないとダメだと思う。

後は、感想にて上記の我が領地の指摘や、10歳の期間が長すぎる!って指摘したのがいけなかったのか、書き直しになってしまったねw

 

ncode.syosetu.com