web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。でも、本気の批評はしませんよ。評価で察してくださいw

結界師への転生

登場種族   :人族、獣人

勇者魔王   :職業「勇者」や職業「魔王」は居る。自称も当然居る

奴隷     :有

チート      :有

作者     :片岡直太郎

評価     :16話までは『B+』それ以降は『E-』

Ncode    :N3631DO

 

34歳プログラマーが仕事が忙しくて寝落ちした。目覚めると、奴隷商人の馬車の中で、異世界転生して奴隷身分の6歳の子供になってた。

防御特化のスキル『結界Lv1』を持ってて居たが、奴隷市にて、最安値で侯爵夫人に買われる。

ほんと、16話までは面白かったんだよ。久々の当たりか?って思うくらいには…

17話から第一章の終わりまでは、もうぐだぐだやね。

主人が所属する国に、反乱が起こりました。ご主人様と師匠が反乱首謀者達に虐殺されて、キレた主人公が反乱首謀者含む罪も無い人々1万人以上『皆殺しして『職業:奴隷結界師』から『職業:大魔王』になり、16話までの師匠による『修行』が意味無いくらいのステータスUPというかLvカンストのHPMPもMAX状態に瞬時成った。1万人以上同族殺しの為『呪いLv5』になった。

呪い
LV1 人殺し(1人以上の殺人)
LV2 殺人鬼(10人以上の殺人)
LV3 悪魔(100人以上の殺人)
LV4 魔王(500人以上の殺人)
LV5 大魔王(10000人以上の殺人

一般的にLV3に到達すれば一流である。LV4に至っては超一流。LV5に至っては神級と呼ばれ、修得している人はLV4に至る人の中でも1%程度である。

どのスキルもLv5がMAXである。

そんな世界の敵、大魔王になった主人公が狐神の眷属の白狐に出会い即、『呪いLv5解除してもらい虐殺した事実はあるが、罪は無かったことになり『職業:大魔王』が『職業:結界師』(虐殺前に奴隷解放された)になったが、ステータスは世界最強のまま。隣国に渡り、悠々自適な生活を始める。

尚、虐殺方法は王城を中心にした周辺全域を結界で覆い、結界内を圧縮して中の人を圧死させた。当然、王城の兵士、侍女、王城のすぐ隣に建てられていた、主人公のご主人様の侯爵邸の大半も含まれておりお屋敷で仲の良いメイドも圧死させているのに、その事は全くのスルーである。

 

ncode.syosetu.com