web小説の称賛と酷評と愚痴

人気小説から、不人気小説まで、発掘して批評します。でも、本気の批評はしませんよ。評価で察してくださいw

異世界で魔法を覚えて広めよう

登場種族   :人族

勇者魔王   :いない

奴隷     :有

チート      :有

作者     :早秋

評価     :F-

Ncode               :N6351DS

 

前世教師らしい主人公の『セイヤ』(聖夜)が魔法のない世界に転生して世界に魔法を広めるって名目でやりたい放題する物語。

ncode.syosetu.com

まず、主人公は、傲慢で世界に自分しか使えない魔法を持ってることに対して驕っている。辛うじて両親の言うことは少しだけ聞くが、気に入らない事を言われたりすると、魔法の訓練という名目で相手に制裁をよく与える。

学校入学時の試験にて、自分の魔法力を見せ付ける為に試験官相手に魔法で圧倒して勝利する。普通ならば、それは『ズル』だよな、魔法のない世界で魔法学校でもないのに、剣の試験で魔法なんてさ、『ズル』でしかない。前世で教師だったのに、なんという卑怯!

そのくせ、魔法を広めるという名目なのに、魔法を教えるのは、自分に都合のいい(自分に逆らわない)人だけって限定してる。

推察するに、前世教師の『聖夜』(こんな名前なのに悪党)は

依怙贔屓(えこひいき)ばかりの嫌われ者だったんじゃないだろうか。

そして、自国の国王や両親、周辺の貴族に対して自分と身内に手をだしたら国外逃亡すると脅してる。(魔法というエサをぶら下げてる為に相手は拒否できない)

その為に、何をやっても罪に問われない。王子王女を脅しても許される。

感想数とブックマークは結構あるのに、皆にドン引きされてるのかまったく人気が無い小説。

あまりに、やりたい放題の内容で、コレはないなー

駄作だよ。うん、間違いなく駄作だよ。

2017/07/01追記

いつの間にか完結してたようだ。

駄作だと感じて、読み止めてたが頑張って最後まで読んでみる。

現在100話まで読んだが、主人公の「クズ」っぷりが凄くてw

魔法を世界に広めることが使命なんだ!(キリッ)』とか真顔で言う割に

でも、身内で更に信用の置ける人じゃないと教えない。ときたもんだ。

それじゃあ、いつまで経っても、広まらんよ。